So-net無料ブログ作成

幸福な愛

ブルースター。
五枚の花弁が星が輝くように見えることから名付けられました。元はギリシャ語で鋭い花弁を意味するオキシペタルムという名前です。
日本に渡来した時その美しさから切り花としてブルースターの名前で売り出し話題になりました。ブルースターは流通名として普及しました。
和名もあって瑠璃唐綿(るりとうわた)と呼ばれるそうです。和名は殆ど使われないようですが。 

花言葉は  幸福な愛
      信じあう心

元々青は女性の慎ましやかさ誠実さを象徴し聖母マリアのシンボルカラーだそうです。

結婚式のサムシングブルーとしてもブーケやテーブル装花として使われたりします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。